bottle-of-rum-on-the-beach.jpg


ラム酒について
ラム酒あれこれ

12295550.jpg 12295547.jpg 12295548.jpg

ラム酒の種類
ラム酒のカクテル
ラム酒の店


フレンチ・クレオール・ラム


「フレンチ・クレオール・ラムとは?」


”クレオール”という単語はカリブ海を中心とする
フランスの海外県やその人々を指し、
本国とは異なる独自のの文化や歴史などの発展を反映した言葉です。

フレンチ・クレオール・ラムとはその地で製造された
こだわりのフランス産ラムと言えます。



キーワードは2つ。

「アグリコール製法」
「仏領マルティニーク島」



サトウキビを原料とする蒸留酒であるラムは
以前からダイキリやラムコークなどのカクテルベースとして
また製菓用として広く知られ、世界中の人々に愛されてきました。


今でもガイアナやジャマイカ、キューバやベネズエラ
プエルトリコといった南米の国々で
全世界に流通しているラムの大半が生産させれています。

南国で作られる楽しいお酒というイメージが定着し
ラムの知名度は年々高まっています。


そのような中、カクテルベースとしての楽しみ方から
シングルモルトウィスキーやワインのように「その個性を味わう」
楽しみ方が生まれてきています。

そしてその火付け役は「アグリコール製法」によって
「仏領マルティニーク島」などで作られる
「フレンチ・クレオール・ラム」。

世界の全生産量のたった数%に過ぎないこの特殊なラムによって
日本のラムの市場が変わりつつあると言っても過言ではありません。



しかし残念ながら、この「フレンチ・クレオール・ラム」に関して
詳細な記述をしている書籍は多くありません。

一般的には「ホワイト」「ゴールド」「ダーク」と言った
色による分類、そして「ライト」「ミディアム」「ヘビー」といった
風味による分類が多く見受けられ、フレンチ・クレオール・ラムは
通常「ミディアム」から「ミディアム・ヘビー」に分類される
ラムの一種として紹介されるのに留まっています。


しかしこの「フレンチ・クレオール・ラム」は一つのカテゴリーとして
独立して分類されるべき特殊な生産方法と、
豊かな味わいを持ち、一度飲むとラムの既成概念を変えてくれます。

まだまだ出回っている種類は少ないですが楽天などの
ネットショップでも購入できるようになってきました。


≪参考資料:株JIS主催ラムフェスタ2010パンフレット≫


posted by Rum | ラム酒について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。